CFD取扱銘柄で選ぶ証券会社比較

ボベスパ指数もCFD取引が可能!

ブラジルの株式指数、ボベスパ指数もCFDでの取引が可能です。
上記が最近のボベスパ指数チャートですが、順調に右肩上がりに伸びています。 そういうこともあり、注目が集まっていますね。
そのものずばり、ボベスパ指数という名前で上場はされていませんが、ブラジルの株価に連動するETF、iShares MSCIブラジル指数(EWZ.P)で取引が可能です。

iShares MSCIブラジル指数での投資イメージ

インヴァスト証券を例にすると、EWZ.Pは、2010/4/10の時点で75.10あたり、取引通貨はUSドルなので、1単位あたり75.10*94*1=7059円で取引が可能です。

レバレッジを掛ければ、インヴァスト証券のETFのレバレッジは20倍なので、7059/20=約353円。
つまり353円から取引が可能です。
非常に少額から取引が可能ですね。

ちなみに、ここ最近のEWZ.Pの値動きは、60〜80のレンジ。
レンジということを考えると、FXで人気の手法であるトラップトレードがはまりそうです。

ボベスパ指数のCFD取引ならインヴァスト証券

インヴァストCFD ボベスパ指数にCFD投資するなら、インヴァスト証券です。
iShares MSCI ブラジル指数のETFで取引ができ、レバレッジ20倍で350円からと少額から取引が可能

インヴァスト証券は取扱い銘柄は少ないものの、NYダウ、日経225、原油といった主要銘柄はすべて抑えられており、CFDの入り口としては優秀。


口座開設するだけで1000円のキャッシュバックがあるほか、ブラジルETF投資のキャンペーンも実施中です。

インヴァスト証券の詳細はこちら